【車中泊を始めよう】中古車の自動車保険 〜比較のために知っておきたい基本知識と一括見積もりサイト〜

はる
はる

私たちは車中泊生活をするために中古の軽バンを購入しました!

ひろ
ひろ

車を持つにあたって必要になるのが自動車保険だね

はる
はる

はじめて自動車保険を契約する時はわからないことだらけ
いろんな保険会社を比較する際に最低限知っておきたい保険についての知識を共有するね

以下に当てはまる人は読んでね!

・車中泊を始めたい人

・初めて自動車保険に加入する人

・自動車保険について理解していない人

自動車保険とは、自動車の利用に伴って発生しうる損害を補償する損害保険のこと。自動車保険は大きく2種類に分類すると、すべての自動車に加入が義務付けられている「自賠責保険(強制保険)」と、自動車の所有者が必要に応じて任意で加入する「任意保険」があります。

自賠責保険

自賠責保険は、日本国内で車を運転する際に必ず加入が義務付けられている保険です。車の運転によって、他者を死亡・負傷させてしまった場合に、被害者に対しての支払いを補償します。自賠責保険では相手の車や自分の車の損害、自分自身の怪我などは補償されません。

補償内容

  • 交通事故で他者を死亡させた場合
  • 交通事故で他社をケガさせた場合

※相手や自分の自動車の破損や自分が死亡したりケガを負った場合の補償はありません。

保険金限度額

死亡3000万円
ケガ120万円
後遺障害75〜4000万円

強制保険

自賠責保険は交通事故で損害を負った被害者を救済するための保険です。法律に基づき、すべての自動車に加入が義務付けられています。原付などのバイクも対象です。

また、自賠責保険に加入せず自動車を運転すると1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科され、免許停止となります。

自賠責保険への加入

自賠責保険は各損害保険会社や車の販売店などで加入することができます。法律で定められた強制保険であることから、どこで加入しても保険料や補償内容に違いがありません。

任意保険

任意保険は、他者への死亡やケガだけでなく、自己の車両損害や自身の死亡やケガに対する補償を加入者が自由に選択できる保険です。

任意保険に加入する理由

自賠責保険に加入しているのに、なぜ任意保険に入るべきなのでしょうか。

実際の支払いが高額であるため

最近では死亡事故を起こした場合、1億円を超える賠償額となるケースも見られます。保険金に上限がある自賠責保険では対応することが困難であることから、任意保険への加入の検討が必要です。

自身のケガや車の破損も補償されるため

自賠責保険では対人の賠償以外は保証の範囲外です。実際の事故では自身がケガを負ってしまったり、車が破損してしまう場合があります。任意保険に加入しているとそのような場合も補償されるので安心です。

任意保険の補償内容

任意保険の主な補償内容を紹介します。補償内容は大きく、「賠償責任保険」「傷害保険」「車両保険」に分けられます。
それぞれについて以下で説明します。

賠償責任保険対人賠償保険、対物賠償保険
傷害保険人身傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険
車両保険車両保険

賠償責任保険

事故を起こし、他人の身体やモノを傷つけた時に生じる賠償請求に対する保険です。

対人賠償保険

対人賠償保険とは、自動車を運転中に他人にケガを負わせたり、死亡させてしまった場合に負う損害賠償責任に対する補償です。自賠責保険にて補償される3000万円を超えた賠償額に対して保険金が支払われます。

対物賠償保険

対物賠償保険とは、自動車に運転中の事故により、相手の車や家などに損害を与えてしまった場合に負う損害賠償責任に対する補償です。自賠責保険ではモノに対する保証がないため、この対象賠償責任保険が必要です。

傷害保険

事故を起こした時に、自身や同じ自動車への搭乗者が死傷した場合の保険です。

人身傷害保険

人身傷害保険は、事故が起きて加入者が死傷した場合に過失の割合に関係せず損害分の保険金が支払われます。「車内+車外補償型」を選択すると、歩行中などの日常生活で出遭う事故による死傷も対象となります。

自損事故保険

自損事故保険はその名の通り、単独での事故や、自分の過失割合が10割で相手方の過失割合が0のような事故で自身が死傷した場合に保険金が支払われます。

無保険車傷害保険

事故に遭って死傷した場合、相手が任意保険に加入ししておらず、賠償金の支払い能力がない場合に、自身が契約した保険から対人賠償保険と相当額が支払われる。

車両保険

契約者が契約する対象車両の損害に対する補償。車両の損害額は、原則として車両の「時価評価額」で算出される。これは、経年に応じて車両の評価額は低くなっていくためであり、車両の購入金額が全額補償されるものではない。

さまざまな特約について

弁護士費用特約

事故後の対応で弁護士に法的な支援が必要となった際に、その費用を一部または全額、保険会社が負担するという特約です。

ロードサービス費用特約


ロードサービス費用特約は、自動車のトラブルや故障が発生した際に、その対応や修理に関連する費用を保険会社が一部または全額負担する内容を指します。この特約は、運転中にトラブルが起きた際に迅速なサポートや修理を受けるためのものです。

他車運転特約

保険契約者(被保険者)が自分の所有する車以外の車両を運転する際にも、保険の補償を受けることができるようにする特約です。通常、自動車保険は契約者が所有する車両に対してのみ補償が適用されるため、他人の車を運転する場合に備えて加入されることがあります。

日常生活賠償特約

保険契約者が日常生活の中で他人に対して不慮の事故を起こしてしまった際に、その事故による賠償責任を保険会社が一部または全額負担する内容を指します。この特約は、保険契約者が他人に対して物理的な損害やけがを負わせた場合に備えるものです。

対物差額修理費用補助特約

自動車保険の保険金支払いは事故などによって車両が全損と判断された場合、または修理費用が車両の市場価値を超えた場合に行われます。しかし、車両の実際の価値と市場価値の差(いわゆる「差額」)が大きい場合、保険金支払いだけでは車両の修理が難しいことがあります。この際、対物差額修理費用補助特約が含まれていると、実際の修理費用と保険金支払いの差額を保険会社が負担してくれるため、保険契約者が車両の修理費用を支払う際の負担を軽減できます。

任意保険の保険料について

平均的な保険料ってどれくらい?

自動車保険は車両保険の有無により倍額ほどの差が出ます。以下では一括査定サイトのインズウェブが行った調査を引用して各年代ごとの平均保険額を掲載します。

年代車両保険なし車両保険あり
18歳〜20歳169,054円/年339,442円/年
21歳〜25歳79,180円/年147,333円/年
26歳〜29歳44,599円/年80,108円/年
30代30,842円/年56,153円/年
40代29,511円/年54,464円/年
50代28,036円/年54,220円/年
60代25,937円/年49,362円/年
70代以上31,831円/年56,123円/年

保険料が高くなる条件3選

  1. 20代前半
    運転の経験が浅いことに加え、青年期特有の危険な運転をしがちであり、一般的に自己の確率が高いため。
  2. 高級車
    高級車は事故を起こした際に、部品が高いゆえに修理代金が高額になる傾向がある。また、人気の車種となると東南率も上がるため。
  3. 事故の経歴がある
    自動車保険では等級という制度が存在し、過去の事故の経歴を表している。6から20等級まであり、無事故を継続すると等級が上がっていき、保険料が下がる仕組みとなっている。事故を起こした場合は等級が下がる。

保険料が安くなる条件3選

  1. ゴールド免許
    事故率が低いと判断されるため
  2. 使用目的
    通勤や業務目的で使用しない場合は、使用頻度が低い、つまり事故率が低いと判断される
  3. 新車
    新規顧客を獲得するための営業上の理由により割引される場合がある

私たちが契約している補償条件を特別ご紹介

ひろ
ひろ

実際に僕たちが契約した自動車保険の補償内容や特約についてご紹介するよ!

はる
はる

この後一括見積もりをする時、条件設定の参考にしてみてね!

対人賠償保険無制限
対物賠償保険無制限
人身傷害保険無制限
車両保険不要
特約弁護士費用特約、ロードサービス特約

私たちは中古車を購入しました。車両保険は時価価格で換算され、「思ったよりもらえないなぁ」っというケースが多いため、車両保険はつけていません。

一括見積もり

自動車保険を見積もる際は、複数保険会社を一括で見積もると、それぞれの料金を相対的に比較することができるので便利です。それぞれの必要な条件と保険料とのバランスを見ながら最適な保険を見つけてください。

一括見積もりする

はる
はる

私たちが保険を選ぶときに利用していた一括見積もりサイトだよ!
みんなの車中泊ライフが安心に行えることを祈ってるね!保険の出番が内容に安全運転するんだよ!